? home > profile
サイトロゴ
home profile concert link OB・OG inside

常任指揮者 鈴木成夫先生

ソーノをご指導していただいている鈴木先生を紹介します。
鈴木先生

経歴

東京藝術大学音楽学部声楽科出身。在学中より創作集団"Voice Field"を主宰。 モーツァルト「バスティアンとバスティエンヌ」でオペラ指揮デビュー。 新日フィル、東京アカデミカー・アンサンブル等オーケストラとも数多く競演。 「横浜市制100周年・開港130周年記念式典」「日本国際賞受賞式典(天皇皇后御前演奏)」 「TAMAライフ21開会式典」「横浜どんたく」等で合唱指揮。 東京オペラ・プロデュース、長門歌劇団などで副指揮・演技振り付けを担当。 現代音楽の初演、合唱曲のCD録音、放送出演、コンサートのプロデュースなどに力を注ぐほか、 全国各地での客演指揮、コンクール審査や講習会、TV出演や、13年間 NHK・FM、AM第2「みんなのコーラス」にレギュラー出演し、 同番組終了に伴い現在は「Nコン on the web」講評者を務めるなど、幅広い分野での音楽活動を行っている。 東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユ、東京大学コーロ・ソーノ合唱団、 東京家政大学フラウエンコール、日本大学合唱団と、4大学の合同合唱団「遊声」、 レ・サンカント(神戸)の常任指揮者。

団員からの紹介

私たち、コーロ・ソーノ合唱団の常任指揮者である鈴木成夫先生は、 練習で、指揮でと、私たちを導いてくださいます。 そんな先生の練習は、所々にギャグのスパイスが振りまかれ、 笑いと楽しさに満ちているだけでなく、練習後の歌声は「聴き違える」ほどうまくなり、まさに効果満点。 そんな厳しく、楽しい練習に団員はすっかり虜です。 そして、先生のパワーを強く感じるのは、やはり演奏会当日。 リハーサルから本番に向けて団員のテンションをあげていく指導や、 惹きつけられるような指揮は、まさに神業です!

目次
練習場所
    東京大学駒場キャンパス
    東京女子大学
「遊声」
    「遊声」について
先生
    >常任指揮者 鈴木成夫先生
    ピアニスト 山内知子先生
ヴォイストレーナー
    男声: 藤丸崇浩先生
    女声: 髙原亜希子先生
委嘱初演
    過去に演奏した作品